【個人情報保護士】 仕事で使える資格解説!【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

【個人情報保護士】 仕事で使える資格解説!【1/1】

2014年8月 5日 10:40

【個人情報保護士】 仕事で使える資格解説!

ビジネス上役立つ資格をご紹介します。
今回は『個人情報保護士』です。


 

どんな資格なの?

個人情報保護法の正しい理解と安全管理に関する理解及び、実務における個人情報の管理や運用を行い、 有効な活用をしていく能力や知識を持っていることを認定する資格です。
近年、個人情報に係わる対策が強化される中で注目されている資格と言えます。
注意したいのが、個人情報保護士は国家資格ではなく、また「〜士」とついているからといて弁護士や税理士のように資格を持っていないと出来ない業務が存在するわけではありません。

どんな時に役立つの?

個人情報保護士の資格があれば、個人情報保護のコンサルタントとしてのキャリアアップが可能です。
また、会社内でアンケートの作成やホームページの問い合わせを受けるときなど「個人情報保護」に関する方針を記載しなければなりません。そんな時にこの資格を持つ人がいれば、安心して仕事を任せることができます。
顧客・取引先企業にも管理部門に個人情報保護士がいる事を示すことができれば信用を得られるでしょう。

どうやったら取れるの?

課題1「個人情報保護の総論」と課題2「個人情報保護の対策」でそれぞれ8割以上獲得しなくてはなりません。 試験内容は、一般常識からITのセキュリティに関して等が出題されます。

【参考】
全日本情報学習振興協会
1ヶ月で絶対に受かる!個人情報保護士認定試験 落ちようがない独学勉強方法

  • 1

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[趣味とおシゴト - 記事ランキング]− 07月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る