【漢語水平考試(HSK)】 仕事で使える資格解説!【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

【漢語水平考試(HSK)】 仕事で使える資格解説!【1/1】

2014年8月12日 14:45

【漢語水平考試(HSK)】 仕事で使える資格解説!

ビジネス上役立つ資格をご紹介します。
今回は『漢語水平考試』通称HSKです。


 

どんな資格なの?

中国語のレベルを計る試験です。出題内容は日常生活に密着した内容が多く出題されます。 中国語の試験には、「中国語検定試験」というのもありますが、こちらは文学よりの問題が出題され、 ビジネスを目的とするならばより会話力を試されるHSKの方が向いています。

どんな時に役立つの?

中国語を母国語としない人たちを対象とした中国政府公認の試験で、国際的な認知度も高いです。 留学や仕事上で中国を訪問する際に役立てることができるでしょう。

どうやったら取れるの?

1級から6級まであり、数字か上がるにつれて上級となっていきます。 試験内容は"リスニング","読解","作文(3〜6級まで)"があり、トータルの点数が合格ラインに届かなければなりません。 項目ごとでレベルを計るわけではないので、自分の得意な項目を伸ばしていくと良いでしょう。

【参考】 「HSK(漢語水平考試)」各級の難易度と傾向

  • 1

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[趣味とおシゴト - 記事ランキング]− 07月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る