【日商簿記検定】 仕事で使える資格解説!【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

【日商簿記検定】 仕事で使える資格解説!【1/1】

2014年8月22日 10:57

日商簿記検定

ビジネス上役立つ資格をご紹介します。
今回は『日商簿記検定』です。


 

どんな資格なの?

企業や個人商店における金銭の動きには簿記が必ず使われています。検定では簿記の技術と知識を認定するものです。 日商簿記は数ある簿記検定の中でも受験者が多い試験であるため最もポピュラーな簿記検定と言えます。
ビジネスシーンで役立たせるには、株式会社の取引について出題される2級以上に受かる必要があります。

どんな時に役立つの?

会計を必要としない企業はありませんので、簿記が必要となるシーンは様々にあります。
あなたが経理担当であるならば、仕事がはかどることは間違いありません。税理士との会話もスムーズにこなす事ができるでしょう。 また、営業であれば見積もりの作成やコスト計算等で役立ちます。
さらには転職をする際に、書類選考で有利になる場合があります。ファイナンシャルプランナーや税理士、会計士など、金銭に係わる仕事につくことも可能です。

どうやったら取れるの?

各級の合格ライン以上を獲得することで合格となります。2級は商業簿記、工業簿記の知識・スキルが必要となります。 1級では2級の内容に加え会計学や原価計算等の知識・スキルが必要となります。 独学でも修得は可能ですが、すぐにでも取得したい場合は専門のスクールに通う方が良いでしょう。

【参考】
「日商簿記検定」 Wikipedia
商工会議所の検定試験
「日商簿記とは」LEC東京リーガルマインド

  • 1

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[趣味とおシゴト - 記事ランキング]− 11月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る