カスタマーエンジニア【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

カスタマーエンジニア【1/1】

2013年8月13日 10:00エンジニア系

どんな職業か

カスタマーエンジニアは、顧客のもとに赴き、コンピュータシステムやソフトウェアの導入、カスタマイズ、保守及 び修理を行う技術者である。 情報システムの活用は、社会のあらゆる場面に浸透し、情報化社会における経済活動や行政機能を支える基盤技術と してますます重要性が高まっている。カスタマーエンジニアの役割は、顧客の情報システムを365日24時間体制で 常に安定的に稼働させることにある。 カスタマーエンジニアの仕事は、コンピュータ機器などハードウェアに関する導入や保守と、ソフトウェアなどコン ピュータ・プログラムの導入や調整に大別される。 ハードウェアに関しては、コンピュータや関連機器の導入・据付、正常な機能の維持、機能拡張、障害修復、操作指 導など、コンピュータシステムを安定して稼働させるための定期点検や故障を未然に防ぐための作業を行う。コンピュ ータシステムの導入・据付では、コンピュータとプリンターなどの周辺機器を接続し、システム全体の点検と調整を行 い、顧客がすぐに使えるようにする。また、コンピュータシステムが故障した時には、故障の原因をつきとめ、欠陥の ある部品の修理・交換なども行う。 ソフトウェアに関しては、OSやソフトウェア製品の導入・セットアップ、正常な機能の維持、機能拡張、障害修復 、操作指導などを行う。


 

就くには

一般的な学歴は高校卒業以上で、工学の基礎知識か、電子・電気 ・機械・情報技術などを学んでいると有利ではある。特に専門的な 学科を学んでいなくても、コンピュータに興味を持っていることが 重要となる。 カスタマーエンジニアに必要とされる能力(スキル)は、コンピ ュータ・ソフトウェア・情報通信ネットワークなど技術に関する知 識・技能(テクニカルスキル)、仕事を進めていくために必要とな る「聞く・話す・書く・理解する」能力や人と人との関係をうまく 構築していく能力(コミュニケーションスキル)に大別される。故 障を見つけ出して修理するための冷静な判断力と忍耐力が求められ る。顧客への原因の説明などには顧客に応対する能力も必要となる 。多くの部門で協力して調査することもあるため協調性も必要とな る。常に新しい技術情報を学び、最新の保守技術を身につける必要 がある。 カスタマーエンジニアのなかで特に管理能力に優れた人は管理職 となり、保守技術の管理・指導を行う。経験を生かしてシステムエ ンジニア、プログラマー、セールスエンジニアなどへ職種転換する 場合もある。

労働条件の特徴

カスタマーエンジニアは、コンピュータメーカーや保守サービス会社、アフターサービスを行う販売会社などで働い ている。勤務地は、全国の大都市が中心となる。 労働時間は標準的であるが、大規模なコンピュータシステムの設置や点検では夜間や休日に行われることも多い。ま た、顧客から昼夜・休祭日を問わず緊急な対応を求められることもあり、緊急出動ができる体制をとる場合も少なくな い。そのため交替で休日出勤や深夜勤務を行うなどシフト勤務をとる場合もある。 また、カスタマーエンジニアは、常に新たな技術や情報を勉強し、自分自身の付加価値身を高めていかなければなら ない。特にITの革新はとても早く、過去の経験や技術が使えなくなることも珍しいことではない。自分自身の技術を 磨き続けることが必要になる。

参考情報

関連団体
社団法人 電子情報技術産業協会
  http://www.jeita.or.jp
社団法人 日本コンピュータシステム販売店協会
 http://www.jcssa.or.jp
社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会
 http://www.jbmia.or.jpv 社団法人 情報サービス産業協会
 http://www.jisa.or.jp

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 07月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る