化粧品訪問販売員【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

化粧品訪問販売員【1/1】

2013年9月 5日 16:23営業・販売系

どんな職業か

家庭や職場を訪問しながら、スキンクリームや口紅、ファンデーションなどの化粧品を、顧客の美容相談にのりながら販売する。まず、所属する営業所で開かれる朝のミーティングに参加し、自分の販売計画や目標を確認する。その後、自分の担当する販売地域の家庭を訪問する。訪問先では、顧客の肌の状態や手入れ方法について会話をしながら、保湿クリームやメーキャップの方法などの専門的アドバイスを行う。顧客が購入の意思を示した場合は、勧誘の最初にあらかじめ知らせている価格を提示し販売の契約をする。季節ごとに発売される新商品の紹介を行うこともある。最近では多様化するニーズに応えて、健康食品や女性用下着などの販売を行うこともある。販売後は、顧客の肌の状態や、商品に対する満足感をたずねるなどのアフターサービスを行う。購入した商品の返品を顧客から求められた場合、クーリング・オフ制度によって速やかに返金作業を行うこともある。


 

就くには

入職にあたって特別な資格や学歴は必要とされない。ただし、初対面の顧客に訪問活動を行う必要があるため、信頼感を与えられるような人物であることが求められる。採用は随時、化粧品メーカーの各営業所単位で受け付けている。就業形態のほとんどはパートやアルバイトで、化粧品メーカーと委託販売契約または売買契約を結ぶ形態が多い。販売員として採用されると、化粧品メーカーで講習や研修を受ける。内容は、化粧品の基礎知識や美容の基礎知識、具体的な訪問販売の方法などで、未経験の人にも対応した研修体制が用意されている。基礎知識を習得した後、実際の販売業務に就くが、その後もメーキャップやマッサージの方法など、業務関連知識や教養を深めるための研修が個人のレベルに応じて行われる。販売員としての実績を上げて実力がついてくると、営業所を開設する道が開ける。営業所は、化粧品メーカーの支店と販売員をつなぐ場所であり、販売活動の最前線としての役割だけでなく、商品管理、販売員の指導育成などの役割も増えるが、販売員よりも高い収入が見込まれる。この職業に就く適性として、商品の良さや販売員本人の人間性を理解してもらえるまで訪問を続けられる根気強い性格が望まれる。そのほか、相手の立場に立って、肌の健康や美容について相談にのれるだけの人間性が求められる。

労働条件の特徴

営業所は全国に分布しており、販売員が転居した場合でも、経験を生かして働ける。就業者のほとんどは女性で、主婦層が中心である。収入の大部分は完全な歩合制である。歩合の割合は均一ではなく、月間売上が多くなればなるほどマージンは大きくなる。労働時間は、販売員個人の都合で決められる。未経験の人でも販売を行えるよう、通常は営業所、支店、販社等が無料で開催する研修会・勉強会に参加した後に、実際の販売活動に入る。さらに高度な内容の研修も用意されており、熱心な販売員はプロになるために様々な努力をしている。実際の販売活動で、通常は、朝のミーティングに出席した後で営業活動を開始するが、家庭の都合などでスケジュール調整を行うこともある。経験を積んだ販売員の場合、自由裁量の部分が多くなり、生活と仕事の両方を楽しむライフスタイルを確立する人も多い。昨今では、化粧品を通信販売やインターネットでの販売で購入する人が増え、訪問販売員の労働需要は縮小傾向にある。入職してから1年間までは離職率が高い傾向にあるが、その時期を経過すると勤続年数が長くなる。最近では、人との関わり合いを避ける都市文化の影響から入職者は少なくなってきているが、人との交流を通じた温かみのある販売の良さも見直されてきている。

参考情報

関連団体 社団法人 日本訪問販売協会
http://www.jdsa.or.jp/

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 10月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る