高等学校教員【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

高等学校教員【1/1】

2013年9月 5日 15:45講師・教師系

どんな職業か

高等学校(中高一貫校を含む。以下高校という)において、それぞれの担当教科を専門家としての学識をもって生徒に教える。高校では、中学校までの義務教育を終えた生徒に、さらに高度で専門的な教育や指導を行う。そのため、高校の教員には担当する教科について、優れた専門家としての学識や指導力が求められる。高校教員の仕事の中心は、それぞれの担当する教科を生徒に教えることである。高校で教える教科・科目は様々で、普通教科として国語・社会・数学・理科・保健体育・芸術・外国語があり、また専門教科として外国語(普通教科以外)・家庭・農業・工業・商業・水産・看護・理数・体育・音楽・美術などがある。高校は中学校に比べると一つの学級の生徒数も多く、教科の専門化も進んでいるため、教員はふつう一人一教科を担当している。この他に、学校が創意工夫を生かした教育活動を展開する「総合的な学習の時間」、ホームルーム活動、生徒会活動、クラブ活動、学校行事についても指導する。さらに個々の生徒に対する生徒指導や進路指導なども行う。学級を受け持つこともあり、成長期の生徒を学習面だけでなく、精神面においても望ましい方向に指導していくことが求められる。


 

就くには

大学で高等学校教諭免許状を取得し、都道府県の教員採用試験または私立高校の採用試験を受けて、合格するのが一般的である。教育職員検定試験に合格して特別免許状を取得し、高等学校教員になる道もある。教員となった後も、専門教科や生徒指導などの能力向上のための研修が盛んに行われている。担当する教科についての専門的な知識や技能の他、一般的な教養、生徒を指導する熱意と適性、最近ではカウンセリングなど相談に関する知識や技術なども求められる。

労働条件の特徴

高校には、昼間に授業がある全日制高校、働きながら学校に通う生徒のため夜間に授業をする定時制高校がある。また、国語・数学など普通教科を中心に学ぶ普通科(普通高校)、専門教科を中心に学ぶ農業科、工業科、商業科などの専門学科(専門高校)、自分の希望の科目を自分なりの学習計画で学ぶ総合学科(総合高校、単位制高校)がある。常勤の教員は中学校とほぼ同数であるが、高校では中学校に比べて学習内容が難しくなるため、校外から専門家を非常勤講師として招く場合も多い。女性教員は全体の3割以上である。労働時間は、月~金曜日は1日8時間勤務であり、公立高校の場合、平成14年度から学校(完全)5日制が導入され、土曜日も休日となった。定時制高校の場合は午後から夜間にかけての勤務となる。小・中学校に比べると担当する授業数は少ないが、内容が専門化しているため、準備に要する時間が多く必要となる。また、小・中学校に比べ、学習やクラブ活動などの面で学校による取り組みや校風の違いが大きく、担当教科以外の生徒指導の時間や校務の分担などは学校により異なる。少子化などによる生徒数の減少に伴い、教員数も減少していくと見られるが、教員1人当たりの生徒数削減など教育条件改善の措置がとられるので、急激な減少というよりは、ゆるやかな下降線をたどると予測される。

参考情報

関連団体 文部科学省 初等中等教育局 教職員課
電話:03-6734-2453 FAX:03-6734-3742
文部科学省 初等中等教育局 教育課程課
電話:03-6734-2076 FAX:03-6734-3734
文部科学省 初等中等教育局 参事官室
電話:03-6734-2904 FAX:03-6734-3744
日本私立中学高等学校連合会
電話:03-3262-2828 FAX:
都道府県教育委員会
電話: FAX:関連資格 高等学校教諭 高等学校教員採用試験

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 10月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る