作業療法士【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

作業療法士【1/1】

2013年9月 5日 14:55資格・専門職系

どんな職業か

身体や精神に障害がある人に対して、手芸や木工作などの作業、食事や歯みがきなど日常生活の動作、家事、遊びといった生活全般の中の作業や動作を用いて行う治療・訓練を「作業療法」といい、作業療法士(OT:Occupational Therapist)は、作業療法を用い、患者の心身の機能を回復し、日常生活や社会に復帰できるよう訓練や指導・援助を行う。作業療法士は、医師から患者の処方せんを受け取ると、医学的情報や生活情報をカルテなどから集める。そして患者と面接し、筋力や反射などの身体機能、認知機能や日常生活動作の能力について観察や検査を行い、患者の問題点を明らかにする。これらをもとに、医師、看護師、理学療法士などから成るリハビリテーションチームで、治療訓練の目標を決める。それに基づいて具体的な訓練プログラムを作り、作業療法を実施する。作業療法の対象となる患者の構成は、身体障害・老年期障害が約7割、発達障害が約1割、精神障害が約2割の割合となっている。関節障害など身体の障害、アルコール中毒など精神の障害、脳性麻痺など発達の障害、認知症など老年期の障害など、障害に応じて訓練目的と方法を考え、指導を行う。


 

就くには

作業療法士国家試験に合格して免許を得ることが必要となる。国家試験の受験資格は、高校卒業後、国が指定した作業療法士養成課程のある大学・短大・養成施設などで3年以上学び、必要な知識・技能を修得していることである。修学年数は、昼間の養成校で3年、夜間では4年になっており、夜間の養成校も数校ある。仕事に就いた後も、専門家の団体や学会などにより年に数回行われる研修会・講習会に参加し、常に高い水準の専門知識と技術を身につける姿勢が大切である。作業療法の手段となる作業や遊び、玩具、道具や機器を使いこなし、それを治療に結びつけ、応用できる能力が必要である。また、障害のある人々やその家族とコミュニケーションをとり、社会的自立を援助するために、理解力や説得力、プログラム作りの創意工夫、支援制度についての知識などが求められる。就職は、養成校の紹介や専門誌の求人情報などによることが多い。

労働条件の特徴

主な勤務先は、総合病院、リハビリテーションセンター、リハビリ専門病院、精神神経科病院、肢体不自由児施設などである。そのほか、福祉センター、保健所、特別養護老人ホームで働く場合もあり、近年は老人保健施設で働く人も増えている。就業者は、女性の占める割合がやや高くなっている。いったん退職しても、再就職したり、非常勤などで働く場合も多く、他の職種に異動する人は少ない。勤務体制としては、一般的に早朝出勤や夜勤はないが、病院や施設によっては宿直を行う場合もある。作業環境は作業療法室内がほとんどであるが、戸外で行うこともある。作業療法士は、昭和40年に「理学療法士及び作業療法士法」により、新しく国家資格の職業として誕生し、養成校も次第に増え、就業者数が増加してきた。社会の高齢化とともにリハビリテーションの重要性はますます高まっており、その需要に応えるために、さらに作業療法士の供給が必要と見られる。これまでの病院・施設以外に、在宅介護支援センターなど地域の保健福祉にも、活動の場が広がっていくものと考えられる。

参考情報

関連団体 社団法人 日本作業療法士協会
http://www.jaot.or.jp/
関連資格 作業療法士

  • 1

この記事に関連するその他の記事


特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 12月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る