産業廃棄物収集運搬作業員【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

産業廃棄物収集運搬作業員【1/1】

2013年9月 5日 15:12技師・工員

どんな職業か

人が生活し、産業が生産を行うと、様々な廃棄物が出るが、工場などから出る産業廃棄物を集め、処分場まで運ぶのが産業廃棄物収集運搬作業員である。産業廃棄物は専門の産業廃棄物処理業者に引き取られ、処理やリサイクルが行われる。ちなみに、家庭から出るものは一般廃棄物と呼ばれる。収集運搬作業員は、産業廃棄物の種類や形状に合わせた車両で収集をする。固形状の廃棄物は、木、紙、金属など素材別に仕分けしながら、手作業や重機で車両に積込む。油や酸、アルカリなどの液状や泥状の廃棄物は、吸引装置の付いた専用の車両で収集する。毒劇物や引火性のあるものが含まれていることもあるので、取り扱いには十分注意が必要である。産業廃棄物は、建設系、医療系、工場系に区別することができる。建設系は、木くずや金属くず、がれき類などが中心で、主にトラックを使用する。医療系は、注射針などの医療器具やガーゼ類などがあり、バンや保冷車が使われる。工場系は、金属くずやプラスチックくず、汚泥や酸、アルカリなどがあるため、トラックの他、ふた付きダンプや吸引装置付き車両も使う。


 

就くには

車両等を運転する場合は、大型の運転免許や移動式クレーンの免許が必要である。フォークリフトやパワーショベルなどの免許を持っていると、就職や昇進に有利である。また、公害防止管理者など環境関連の資格、土木施工管理技士や危険物取扱者など、扱う廃棄物の種類に関連した資格があると仕事の上で役立つ。仕事に就いたときには、日常の仕事内容や関連する法令について教育を受け、法律知識を身につける。その後、先輩の指導を受けながら、仕事を覚えていく。いろいろな職業を経験した後、転職してくる人も多い。環境保全やリサイクルを通した資源・環境保護などへの問題認識と安全手順など規程順守の精神に富んだ人が望ましいといえる。

労働条件の特徴

産業廃棄物処理業者は、廃棄物の発生場所から処分施設まで運ぶ収集運搬業者と焼却・破砕・埋立などを行う処分業者とに分かれるが、収集運搬作業員は、主に収集運搬業者に雇用されている。収集運搬業者は全国でおよそ5万社あるといわれ、比較的規模の小さな会社が多く、約半数が従業員20人未満である。また、6割の会社は、建設業や運送業など廃棄物処理業以外の仕事を兼ねている。週休2日制が一般的で、1日あたりの労働時間は8時間未満の会社がほとんどである。ただし、年末や年度末など、取引先の企業の状況によって仕事が集中する時期もある。就業者のほとんどは男性である。産業廃棄物を扱う仕事であるため、普通の商品を扱う仕事よりも待遇面では恵まれている。

参考情報

関連団体 社団法人 全国産業廃棄物連合会
http://www.zensanpairen.or.jp/
関連資格 大型自動車運転免許 クレーン運転士 玉掛技能者 フォークリフト運転者 危険物取扱者 車両系建設
機械運転技能講習 小型移動式クレーン運転技能講習 

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 09月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る