職業訓練指導員【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

職業訓練指導員【1/1】

2013年9月 5日 13:58講師・教師系

どんな職業か

職業能力開発施設などにおいて、受講者に対し、一定のカリキュラムにもとづいて職業に必要な専門知識、技術、技能などの指導や訓練などを行う。まず、必要とされる職業能力を確立し、効率的に訓練するために、訓練目標の設定およびカリキュラムを策定する。次に、訓練を行う各科目の指導案を作成し、訓練で使用する教材の準備や資材の手配など、事前準備を行う。訓練の当日には、訓練に使用する機械の調整や安全を確認する。受講生に対し、電気工事、機械加工、自動車整備、溶接、情報処理などの技術習得に必要な訓練を行い、教室においては専門科目の講義をする。訓練中は、訓練生の技能習得度、知識の理解度などを把握しながら適切な指示を与えるとともに、作業の安全に十分に気を使う必要がある。所定の技術が習得できたかどうか、卒業のための試験を実施することもある。また、訓練実施における直接的な業務の他に、事業主や業界などのニーズおよび技術動向の日常的把握、若年者を対象とする場合の生活指導、求職者に対する就職活動の支援、事業主などに対する能力開発に関する相談援助などの業務がある。最近では、職業訓練を、大学やNPO法人などの民間教育訓練機関に委託して行うケースも増えている。


 

就くには

職業訓練指導員になるためには、職業訓練指導員免許を取得する必要がある。職業訓練指導員免許は、職業訓練指導員養成を目的としたわが国唯一の機関である職業能力開発総合大学校を修了すると申請により得られる。その他にも、一般の大学や高校などを卒業し、定められた実務経験を積むと、職業訓練指導員試験の受験資格が得られるため、それに合格して免許を得る方法もある。募集・採用の方法は、公共職業能力開発施設と認定職業能力開発施設(都道府県が事業主に対して認定する職業能力開発施設)とで異なる。公共職業能力開発施設では、高齢・障害・求職者雇用支援機構や各都道府県の年度計画などに沿って募集・採用がある。認定職業能力開発施設では、事業所の従業員の中から有資格者を選ぶことが多い。この職業においては、関係技術・技能・知識とともに、指導者としての優れた人格や、訓練生に対する深い理解と愛情をもつ温厚な人柄が望まれる。さらに、各専門分野での高度の知識を常に得ようとする、研究心も求められる。

労働条件の特徴

公共職業能力開発施設、認定職業能力開発施設ともに、全国に広く分布しているので、職場は全国に渡る。公共職業能力開発施設で働く場合は、公務員あるいはそれに準じた身分となり、労働条件は公務員とほぼ同じである。認定職業能力開発施設で働く場合は、運営する事業主により、身分が一般企業や公益法人の職員など様々なので、施設によって労働条件が異なる。職業訓練指導員は男性が多数を占めているが、女性が活躍している専門分野もある。最近では、経済構造の変化や技術革新の進展などに対応できる指導員が求められており、労働需要は安定しているといえる。

参考情報

関連団体 都道府県職業能力開発主管課
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
http://www.jeed.or.jp/
関連資格 職業訓練指導員免許

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 04月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る