新聞配達員【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

新聞配達員【1/1】

2013年9月 5日 14:35サービス・接客系

どんな職業か

定期購読をしている読者の家庭や職場などに新聞を配達する。日本は世界で最も新聞発行部数が多く、新聞の普及率も世界でトップレベルとなっている。これは、読者の家庭や職場などに直接配達する戸別配達制度を採用しているからであり、日本の新聞の約94%が新聞配達員の手で直接配達され、新聞の普及に役立っている。新聞販売所の配達区域はいくつかのコースに分けられ、それぞれを配達員が担当する。朝刊は、一般的に午前6時過ぎまでに配り終えるようにコースが設定されており、配達する家庭の名前や順路、配達する新聞の種類が書かれた「順路帳」にしたがって配達する。系列のスポーツ紙や小学生新聞、専門紙なども一緒に配達する。都市部の場合、1人の受け持ちは150~300部、配達時間は2時間くらいとなっている。販売所が地元の商店などと契約して配布する折り込み広告は、通常、前日までにセットされているので、配達員は出発前に折り込み広告を新聞にはさみ込んで一緒に配達する。そのほか、販売所によっては集金や読者を増やすための営業も行うことがある。


 

就くには

特別の知識や学歴は必要なく、13歳以上の中学生でも親・中学校・労働基準監督署の同意・許可があれば、配達のアルバイトをすることができる。朝刊配達は朝が早いほか、新聞は決められた時間内に配達しなければ商品価値が失われるため、雨だから休むというわけにはいかず、強い責任感と体力、気力が必要となる。順路帳を早く覚えて能率良く配らなければならないほか、配達先によっては新聞の置き場所を指定するところもあるので、記憶力や気配りも求められる。

労働条件の特徴

新聞販売所に勤務する。新聞販売所は、多くの場合、新聞の発行本社と新聞の販売・送達契約を結んでいる独立事業者で、特定の新聞社と契約を結んでいる「専売店」と、複数の新聞社と契約を結んでいる「合売店」がある。パートタイマー、アルバイトの占める割合が高く、特に主婦のパートタイマーが増えている。都市部では、配達の仕事をすることで新聞社・販売所の奨学金を受けながら大学・専門学校に通う学生も多くいる。配達時間は、朝刊であれば6時ごろまでに終わる。通常、新聞社から届いた新聞に折り込み広告を入れて配り終えるまで、2~3時間かかる。新聞の休刊日は最も多い新聞でも年12回なので、配達員は交替で休みを取る。短時間労働であるが、他人の働いていない時間帯に働くこと、どんな天候でも配達を休むわけにはいかないこと、欠配(読者に新聞が届かないこと)、遅配(配達時間が遅れること)があってはならないこと、など厳しい面もある。新聞の発行部数はインターネットはじめ多くのメディアが増える中でやや減ってはいるものの、新聞の発行ページ数は情報量の増加に対応するために増えている。配達時の負担を軽減するため新聞用紙の軽量化も行われているが、これから先も新聞配達業務に従事する人材を求める声は衰えないものと考えられる。

参考情報

関連団体 社団法人 日本新聞協会
http://www.pressnet.or.jp
社団法人 日本新聞販売協会
http://www.nippankyo.or.jp

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 10月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る