リスクマネジメント用語辞典 キャッシュ・フロー計算書【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

リスクマネジメント用語辞典 キャッシュ・フロー計算書【1/1】

2013年10月30日 09:45

財務諸表のひとつで会計期間においての現金及び現金同等物の増減を営業活動・投資活動・財務活動の3つのカテゴリーに区分して表示したもの。


 

キャッシュ・フロー計算書の特徴

一般的に会社の経営状況を判断する材料として最もポピュラーなのは、損益計算書(会計期間の損益状況をフローとして表示)、貸借対照表(会計期間末時点の資産・負債・純資産をストックとして表示)の2種類であるが、このキャッシュ・フロー計算書はキャッシュ(会計期間の現金及び現金同等物)のフロー状況を示した財務諸表で、近年重要視されているカテゴリーである。

TSRの視点

キャッシュについては、現在の経営分析において最も重要視されている分野のひとつであり、特にリーマンショック後の2008年には、過去最高の売上・収益を計上したのにも関わらず、破綻した企業が目立った。なぜ、業績好調な会社が破綻するのか?その原因のひとつとなったのが"キャッシュ"の不足=資金破綻である。この時期の倒産で目立っていたのは、一事業で多額の資金が必要となる不動産業(デベロッパーを含む)である。すなわち業績(売上・収益)が良かったとしてもキャッシュの入出金はあくまで別概念(成約から入金までタイムラグがあるなど)であり、たとえ業績が良かったとしても決められた期日に支払額を用意できず、金融機関からの融資(企業にとって入金)も審査がおりず受けられなければ破綻につながってしまうのである。よって、損益計算書、貸借対照表とキャッシュ・フロー計算書を総合的に与信の材料とすることが重要となってくる。

転載元:東京商工リサーチ

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 11月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る