リスクマネジメント用語辞典 債権者【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

リスクマネジメント用語辞典 債権者【1/1】

2013年11月26日 09:52

取引先への売掛債権や貸付金、債務保証などの債権を持つ企業や個人のこと。対義語は債務者。


 

債権者の特徴

債権は、法律上相手に請求できる権利のことを意味しており、契約上発生するものと、法律で定められているものとがある。債権者はこの権利を有しているという特徴があり、企業倒産の場合に利用されることが多い。

TSRの視点

企業倒産の際に債権者となった場合、最も重要となってくるのは債権回収である。即時的に倒産した企業の資産を換価・弁済する清算型倒産か、再建を図って計画を策定して弁済を実施していく再建型倒産の2パターンとなるが、一般に清算型倒産の場合は回収額が低くなることが多い。また、再建型倒産についても再建がうまく軌道に乗り、弁済が計画通りに実施された場合には清算型より回収額が多くなることが多いが、その場合でも当初の回収予定からは長期化となる。ただ、再建策がうまくいかなかった際には清算型倒産の場合と同様に債権回収額は僅少となってしまうことも想定されるため、倒産した場合の債権者とならないための十分な与信管理が重要となってくる。

転載元:東京商工リサーチ

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 02月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る