リスクマネジメント用語辞典 商業登記【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

リスクマネジメント用語辞典 商業登記【1/1】

2013年12月 4日 13:57

法律に基づき、商号・本店・代表取締役・設立など企業内部の事実で取引上重要な事項を公示(法務局の登記簿に記載)することにより、企業活動の安全と円滑を図る制度。


 

商業登記の特徴

法人であれば必須の登記事項であり、内容的には記載が強制されている絶対的登記事項と記載が任意となっている相対的登記事項に分かれている。主な登記簿上の区分としては、商号、目的、株式・資本、役員、支店などがある。

TSRの視点

与信管理においては最初のフィルタリング的な位置付けというイメージであり、法律に裏づけられたデータであるため客観的な判断がくだせる。また、取得は法務局及びインターネットで安価かつ容易にできることから身近な与信ツールでもある。特に設立してから今日までの過去の情報が詰まっているため、商号変更、増・減資、役員変更、支店廃止などの変化をみることができる。特にパクリ屋(取り込み詐欺)については商号変更や本店所在地を変更するケースが多く、新規取引でのリスクヘッジには重要なツールとなってくる。

転載元:東京商工リサーチ

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 06月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る