日本国政府のAPEC越境プライバシールールシステムへの参加が認められました【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

日本国政府のAPEC越境プライバシールールシステムへの参加が認められました【1/1】

2014年4月30日 16:29

本件の概要

日本国政府は、本日、APEC域内における企業等の越境個人情報保護に関する取組に対して、APECプライバシー原則への適合性を認証する制度であるAPEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム:Cross Border Privacy RulesSystem)への参加が認められました。


 

1.経緯・制度の概要

APECでは、2004年にAPECプライバシー原則を定め、これに基づく国内個人情報 保護制度の策定をAPEC参加国・地域(エコノミー)に勧奨してきました。

こうした中、ビジネスのグローバル化に伴い、国境を越えて移転する個人情報を適切に保護する必要性が高まったことから、APECでは「越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)」を構築しました。

当該制度は、APEC域内における企業等の越境個人情報保護に関する取組に対して、APECプライバシー原則への適合性を認証するものです。このシステムに、日本は2013年6月に参加を申請し、この度参加が認められました。

2.参加の効課

日本は、米国、メキシコに次いで、CBPRシステムへの参加が認められました。今後、このシステムに基づき、企業等の認証を行うアカウンタビリティ・エージェント(認証機関)がAPECに承認されることになります。当該認証機関の認証を受けた企業等は、自社の個人情報の取扱いがAPECプライバシー原則に適合していることを示すことができるようになり、APEC域内での事業活動を円滑に行えるようになることが期待されます。

担当

商務情報政策局 情報政策課 国際室

公表日

平成26年4月28日(月)

転載元:経済産業省ニュースリリース

  • 1

特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[カテゴリ別 人気ランキング]− 07月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る