クリエイティブ系:カテゴリアーカイブ|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

クリエイティブ系:カテゴリアーカイブ

コピーライター ...

2013年9月 5日 16:12クリエイティブ系

どんな職業か

商品やサービスの特徴を要領よく適切に文章化した、広告や宣伝などに使用されるコピー(文案)を考案する。依頼を受けた企業などとの打ち合わせを重ねて、広告や宣伝の意図、商品やサービスの内容や特徴を十分に理解する。その上で、正確であるだけではなく、読む人に興味を起こさせ、場合によっては面白いと感じさせ、読む人をひきつけて買う気にさせるようなキャッチフレーズを考案する。コピーライターは、方向性やアイデアを積極的に出し、あわせて、キャッチフレーズなどのアイデアの中心となる言葉をスタッフに提示する。方向性とアイデア、キャッチフレーズが決定したら、ラフスケッチをスタッフとともに制作し、広告主にプレゼンテーションをする。広告主が提案を受け入れた場合、その広告を実際に制作していく。また、消費者に企業のことをよりよく理解してもらうために、会社案内などの文案を作ることもある。正確かつわかりやすく会社の意思を伝達できるように注意する。単に机の前に座って文章を考えるだけではなく、多くのデータや情報を集めて、時代のニーズと結びついたコピーを考える必要がある。


記事の続きを読む


コック ...

2013年9月 5日 16:09クリエイティブ系

どんな職業か

ホテルのレストランや西洋料理専門店で出されるフランス料理などの洋食料理を、味だけでなく、見た目にも美しく作り上げる。西洋料理調理人、洋食調理人ともよばれる。コックの上にいて全体を統括する料理人をシェフ(料理長)といい、シェフが決めたメニューや調理法に従って、材料を洗う・切るなどの下準備、ゆでる・油で炒める・焼く・スープ類をつくるなどの調理、皿への盛りつけなどを行う。小さい店ではほとんどの作業をひとりで行うこともあるが、大きなレストランでは仕事が分業化されている。肉や魚を仕分けて調理する「ブッシェ」、ソース類を作る「ソーシェ」、オードブルやサラダを専門に作る「ガルド・マンジェ」、スープや野菜の仕込みをする「アントルメティエ」、パンやデザートを作る「パティシエ」に分かれる。作業に応じて、さまざまな道具を使いながら料理する。いため鍋(ソテーパン)、ブイヨン鍋(ストックポット)、鉄板(ロースター)、湯わかし(ケトル)、漉し器(シノア)、ナイフ(10種類ぐらいある)、木のシャモジ(ステパラ)、掻き立て器(ホイップ)などがある。最初は、下回りの仕事から順番に覚える。いろいろな道具を片付ける「鍋洗い」、先輩からの指示により材料の用意や下ごしらえをする「追い回し」を経て、サンドイッチやサラダといった「コール物」やオードブルを作るようになり、7~8年たつと火を使う「ストーブ前」に立ち、実際に調理をするようになる。


記事の続きを読む


広告デザイナー ...

2013年9月 5日 15:43クリエイティブ系

どんな職業か

広告会社やクリエイティブ・エージェンシーにおいて、テレビCMやポスター、新聞や雑誌、Webなど様々な媒体の広告のデザインを行う。広告デザインの一部として、新商品や製品パッケージのデザインを行うこともある。仕事の流れとしては、まず、広告主と打合せをし、意図や要望などを把握する。これをもとに大まかなスケッチを描く。広告の文章であるコピー等とともにラフ案をまとめ、広告主に提案する。提案が承認されたら、イラストや写真を外部に発注するなどして作成し、コピーと合わせて広告を完成させる。広告の仕事はチームで担当することが多い。広告デザイナーはコピーライターやCMの企画や内容を考えるCMプランナーなどで構成されるチームに配属され、チームリーダーである広告ディレクターやデザイナーのまとめ役であるアートディレクターの指示に基づいて仕事を進める。通常、広告デザイナーは数年の経験を経てアートディレクターに昇進するが、制作会社のデザイナーへの指示を行うため、広告会社によっては入社直後の広告デザイナーが、アートディレクターという肩書きを名乗ることもある。広告デザインの分野においては、グラフィックデザインと動画のデザインの境目がなくなりつつある。Webデザインなどの領域に幅を広げるデザイナーも増えている。今後も広告デザイナーの仕事の領域は広がっていくと考えられる。


記事の続きを読む


広告ディレクター ...

2013年9月 5日 15:40クリエイティブ系

どんな職業か

広告会社やクリエイティブ・エージェンシーにおいて、広告デザイナー、コピーライターやCMプランナーで構成される制作メンバーのリーダーとして、テレビCMや新聞など様々な広告を制作する。広告デザイナー、コピーライターやCMプランナーの経験を積んだ人の中から、優秀なスキルとリーダーシップが認められた人が抜擢される。現場では「クリエイティブ・ディレクター」という名称で呼ばれることが多い。広告ディレクターは、クライアント企業からのブリーフィングに基づいて、広告戦略やコンセプトを決定し、広告デザイナー、コピーライターやCMプランナーに具体的な指示を与える。広告ディレクターが自分のスキルを生かして、広告デザイナーやコピーライターの仕事を一部担当することもある。広告会社において、制作の仕事はチーム単位で担当することが多い。広告ディレクターは、いわば営業部門の部長に相当する役職で、広告企画の提案から、チーム編成、進ちょく管理、制作、予算管理等、完成までの全責任を負う。自分のやりたい表現を自分の指揮で具現化できる喜びは大きいが、結果に対する責任も大きい。広告ディレクターは、広告デザイナーなどの経験を積んだ後に、30代後半以降になるのが一般的であり、平均年齢層は高い。能力次第で「シニア・クリエイティブ・ディレクター」、さらに制作部門のトップである「チーフ・クリエイティブ・オフィサー」に昇進することもある。


記事の続きを読む


工業デザイナー ...

2013年9月 5日 15:34クリエイティブ系

どんな職業か

メーカーなどにおいて、生活用品、文房具、時計、電化製品、自動車など様々な工業製品のかたちや色彩、スタイルなどについてのデザインを行う。工業製品を生産するメーカーにおいて、製品の利用者の好みやニーズ、ファッションの傾向などの情報を集め、どのような製品が望まれているのか、他社の製品よりも好まれ選択されるにはどうすればよいか、などを考慮してアイディアを練る。新しいデザインのスケッチを描き、企画担当者、生産技術者、販売担当者とアイディアの実現性や可能性などを検討する。数種類の候補となるデザインをコンピュータを使ってシミュレートして試作し、幹部なども交えて、最適と思えるデザインを決定する。決定されたデザインにしたがって、粘土、木、紙などで模型をつくり、必要な改造や修正を加え、最終的なデザインを決定し、それを図面データ化する。生産段階では、デザイン仕様が守られているかチェックをする。デザイン事務所などに所属し、メーカーから依頼を受けてデザインすることもある。単に自分がつくりたいものをつくるのではなく、使いやすく、美しく、環境問題にも配慮し、コストが安いものをつくりださなければならず、メーカーと消費者が望んでいることをうまく一致させることが求められる。


記事の続きを読む


雑誌編集者 ...

2013年9月 5日 15:06クリエイティブ系

どんな職業か

出版社の雑誌編集部や編集プロダクションにおいて、雑誌の企画や編集の作業に携わるのが雑誌編集者である。雑誌編集者は読者のニーズ等から雑誌の企画を考え、編集会議に提案する。企画が決まったら、外部の執筆者に執筆を依頼したり、カメラマン、デザイナー、イラストレーターを手配する。このようにして上がってきた原稿や写真、図版などをチェックし、必要であればリライト等を行う。さらに、記事のページ数や掲載順序を示す台割の作成、ページのレイアウト、完全版下の印刷所への入稿を行う。ファッション誌や広告が主体となる無料の雑誌等では、広告主との企画会議や打合せを行い、雑誌の内容を決める。時には、雑誌編集者自身が取材記事を書いたり、校正を行ったりすることもある。入稿締切が厳格に決められているため、原稿の進捗状況などのスケジュール管理能力が特に求められる。出版社においては、雑誌別に編集部が結成されることが多く、チームリーダーである編集長のもと、副編集長やデスクの指示を受けながら受け持った編集作業を進める。雑誌の制作には多くの過程があるため、分業制が確立しており、ライター、カメラマン、デザイナーなどは外部の編集プロダクションやフリーランスの協力を得ることが多い。雑誌編集者の魅力は、外部関係者と協力し、多くの人が目にする雑誌を作り上げること、また、仕事を通じていろいろな人と出会えることである。一方、毎号毎号の売行きを気にしなくてはならず、それがプレッシャーとなる仕事でもある。


記事の続きを読む


雑誌記者 ...

2013年9月 5日 15:01クリエイティブ系

どんな職業か

書店や売店で販売される一般の週刊誌や月刊誌から、限定された読者層を対象とするものまで、様々な雑誌の特性を生かした記事を取材し、原稿の執筆を行う。まず、編集会議などにおいて、雑誌の特集や内容などを決定し、分担されたテーマについて、取材を進める。問題点は何か、その背景は何か、結果としてどうなったのか、社会に与えた影響は何か、読者が何を知りたいのかなどを追求する。新聞やテレビ・ラジオでは伝えきれない内容やさらに深い内容について調査し、関係者にインタービューするなどして、情報を集める。集めた情報を多角的に分析し、締切日までに記事にまとめて、デスクなどの責任者に提出する。扱うテーマは、政治、経済、社会、芸能、スポーツ、科学、文化など幅広く、事件や社会問題を扱う記者やファッションや食べ物の情報など専門分野を扱う記者など、様々な記者がいる。


記事の続きを読む


商業写真家 ...

2013年9月 5日 13:36クリエイティブ系

どんな職業か

主に広告・宣伝用に、依頼者の要望を受けて、特定の人物や商品、自然や風景などの写真を撮影する。被写体や撮影目的に応じてどのレンズを使うか、どのような角度からどんなライティング(照明)で、どんな効果を持たせて被写体を撮影するかを工夫して写真を撮影する。モデルを撮影する場合はスタイリストやヘアメイクとの共同作業を行う。また、屋外撮影の場合は撮影場所、時間、天候の検討もする。標準レンズの他に望遠用、広角用、接写用など様々な交換レンズ、各種のフィルムやフィルター、ライトやストロボを使用する。撮影したフィルムは、現像所に現像を依頼するが、白黒写真などの場合には自分で現像を行うこともあり、暗室やスタジオで作業することもある。現像後、写真の仕上がりをチェックし、発注者に納品する。デジタルカメラでの撮影も多くなり、仕上がりをチェックして、必要な修正を行うなどパソコンでの作業も増え、多様な表現方法を用いるようになっている。また、ほとんどの写真家は得意の分野を持っており、依頼に応えることを基本としながらも芸術性やセンスが不可欠となる。


記事の続きを読む


ジュエリーデザイナー ...

2013年9月 5日 13:28クリエイティブ系

どんな職業か

ジュエリーデザイナーとは、指輪、ネックレス、ブローチ、イヤリング、メンズのジュエリーなどの「身を飾る装身具」をデザインする職業の総称である。ジュエリーデザイナーには、いろいろなタイプのデザイナーがいる。まず、貴金属や宝石にとらわれず、あらゆる素材を使用してジュエリーをデザインするデザイナーである。また、宝石や、プラチナ、金・銀といった貴金属などの素材を使用してジュエリーをデザインするデザイナーもいる。前者は主にデザインから製作までを個人で行い、個展などで作品を発表し、販売している場合が多い。後者は大きく3つのタイプに分かれる。第1は、ジュエリーを製作したり、販売する会社に勤めて流行やニーズに合わせたジュエリーをデザインする企業内デザイナーである。第2は、独立して、企業にジュエリーのデザインを供給しているフリーランスデザイナーである。第3は、会社を興し、自分でデザインしたジュエリーを自社で製作し販売まで行っている自営のデザイナーである。企業内デザイナー、フリーランスデザイナーは、まず商品開発にあたり何をどのような対象に向けてデザインするかを打ち合わせ、デザインをおこす。デザインが決まると、製作者と打ち合わせ、製品が完成するまでを監修する。フリーランスデザイナーの中にはデザインだけではなく製品を完成させて、それを企業に販売している人もいる。会社を経営し、自分のデザインを製作、販売しているデザイナーの場合は、デザインから、製作の監修、コスト計算、在庫管理、販売など全ての業務を行う。


記事の続きを読む


シナリオライター ...

2013年9月 5日 12:55クリエイティブ系

どんな職業か

映画やテレビドラマなどのもとになるシナリオ(脚本)を書く。作品のために新しくオリジナルシナリオを作る場合と、小説などの原作を映像用に脚色する場合がある。映画やテレビ番組のプロデューサーからシナリオの執筆を依頼されると、企画意図・ストーリーなどの骨組みが記された企画書にそってシナリオを考える。シナリオの執筆のために、資料を収集したり、現地に出かけて取材したり、必要な文献に目を通して、素材を集め整理する。作品の構成を練り上げ、筋書き、登場人物、シーン割を考えて、順を追ってセリフを書く。俳優の動作、音楽、カメラの位置・角度など注文事項も記す。シナリオは、作品全体の善し悪しに大きく影響するため、観客が感動したり面白がるような、起承転結のあるドラマの展開を考えて執筆する。映画やドラマを制作する上で重要なパートであり、映画の原著作権者として権利が確保されている。一度、書き上げた後も、プロデューサーや監督の意向にしたがって、手直しを行い、共同で映画やドラマの制作を行っていく。


記事の続きを読む



IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

[カテゴリ別 人気ランキング]− 04月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る