講師・教師系:カテゴリアーカイブ|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

講師・教師系:カテゴリアーカイブ

高等学校教員 ...

2013年9月 5日 15:45講師・教師系

どんな職業か

高等学校(中高一貫校を含む。以下高校という)において、それぞれの担当教科を専門家としての学識をもって生徒に教える。高校では、中学校までの義務教育を終えた生徒に、さらに高度で専門的な教育や指導を行う。そのため、高校の教員には担当する教科について、優れた専門家としての学識や指導力が求められる。高校教員の仕事の中心は、それぞれの担当する教科を生徒に教えることである。高校で教える教科・科目は様々で、普通教科として国語・社会・数学・理科・保健体育・芸術・外国語があり、また専門教科として外国語(普通教科以外)・家庭・農業・工業・商業・水産・看護・理数・体育・音楽・美術などがある。高校は中学校に比べると一つの学級の生徒数も多く、教科の専門化も進んでいるため、教員はふつう一人一教科を担当している。この他に、学校が創意工夫を生かした教育活動を展開する「総合的な学習の時間」、ホームルーム活動、生徒会活動、クラブ活動、学校行事についても指導する。さらに個々の生徒に対する生徒指導や進路指導なども行う。学級を受け持つこともあり、成長期の生徒を学習面だけでなく、精神面においても望ましい方向に指導していくことが求められる。


記事の続きを読む


職業訓練指導員 ...

2013年9月 5日 13:58講師・教師系

どんな職業か

職業能力開発施設などにおいて、受講者に対し、一定のカリキュラムにもとづいて職業に必要な専門知識、技術、技能などの指導や訓練などを行う。まず、必要とされる職業能力を確立し、効率的に訓練するために、訓練目標の設定およびカリキュラムを策定する。次に、訓練を行う各科目の指導案を作成し、訓練で使用する教材の準備や資材の手配など、事前準備を行う。訓練の当日には、訓練に使用する機械の調整や安全を確認する。受講生に対し、電気工事、機械加工、自動車整備、溶接、情報処理などの技術習得に必要な訓練を行い、教室においては専門科目の講義をする。訓練中は、訓練生の技能習得度、知識の理解度などを把握しながら適切な指示を与えるとともに、作業の安全に十分に気を使う必要がある。所定の技術が習得できたかどうか、卒業のための試験を実施することもある。また、訓練実施における直接的な業務の他に、事業主や業界などのニーズおよび技術動向の日常的把握、若年者を対象とする場合の生活指導、求職者に対する就職活動の支援、事業主などに対する能力開発に関する相談援助などの業務がある。最近では、職業訓練を、大学やNPO法人などの民間教育訓練機関に委託して行うケースも増えている。


記事の続きを読む


小学校教員 ...

2013年9月 5日 13:33講師・教師系

どんな職業か

大人になるための基礎的な学力、体力、そして人格が形成される場である小学校で、一つの学級の担任として、国語、社会、算数、理科、生活、音楽、図画工作、家庭、体育、道徳、特別活動、新設された総合的な学習の時間まですべてを教える。各学科の教育や指導をよりよいものとするために、児童の成長を考えた年間計画を立て、時間ごとに具体的な教育・指導計画を作成し、教材や教具の準備をする。学習指導のほかに、児童の健康観察、出欠席の調査、教育環境の整備といった学級経営や、しつけなど日常生活の指導、遠足など学校行事の指導、PTAや地域社会への協力活動なども重要な仕事である。また、学校の運営組織(校務分掌)である教務部、学習指導部、生徒指導部などに所属し、それに関係する仕事も担当する。そのほか、給食、清掃、性教育、宿泊に関する指導などもある。このように児童の学習や学校生活全般に関わるたくさんの仕事があるが、ほかの教員と協力しながら、児童たちひとり一人が豊かな心を持ち、健やかに成長するように、心を配りながら仕事にあたる。なお、音楽などの専科教員が配置されている場合もあり、また、約半数の学校に配置されている養護教諭は、学校の救急看護、集団の健康管理、保健指導などに当たり、日常は保健室が勤務場所となっている。


記事の続きを読む


社会教育主事 ...

2013年9月 5日 13:04講師・教師系

どんな職業か

都道府県や市町村の教育委員会の事務局において、生涯学習、青少年教育、家庭教育といった学校教育以外で行われる社会教育を促進するため、地域の社会教育行政の企画・実施および専門的・技術的な指導や助言を行う。地域の社会教育に関する事業計画の立案や、教育委員会が主催する講座などを企画し、実施する。また、公民館などの社会教育施設の運営や社会教育関係の職員に対して、それぞれの分野についての専門的知識や経験にもとづいて必要な指導や助言を行う。青少年団体、婦人団体、PTAなどの社会教育団体に対しては、支援や育成などを行う。その他、社会教育に関する専門的事項について実情を調査し、問題点を明らかにして関係会議などで報告する。都道府県の社会教育主事は、さらに、全県的な立場から市町村教育委員会に対する指導・助言を行う。最近では、生涯学習に関心の高い住民が増えていることから、住民のニーズに合った企画や講習を考えるなど、高度な専門性を十分に発揮できる人材が期待されている。


記事の続きを読む


専門学校教員 ...

2013年9月 2日 12:15講師・教師系

どんな職業か

高校以上の学校を卒業した人に対して専門的な技術を教育したり、実務的な職業教育を行う教育機関である専門学校で、専門分野の知識や技術をベースに、担当の教科・科目を教える。専門学校は、高校を卒業した人を対象とする「専門課程」のある専修学校について、通常用いられる名称である。専修学校の課程には、専門課程のほか、中学校等を卒業した人を対象とする高等課程、高等課程・専門課程以外の教育を行う一般課程という3つの区分がある。専門学校教員が担当する教科は幅広く多様であるが、目的に応じて、情報処理やCG、建築などの「工業」、農業や畜産などの「農業」、看護や歯科、臨床検査などの「医療」、栄養や美容、エステなどの「衛生」、保育や社会福祉などの「教育・社会福祉」、簿記や会計、流通などの「商業実務」、ファッションデザインやスタイリストなどの「服飾・家政」、デザインや音楽、外国語などの「文化・教養」の8分野に区分されている。専門学校教員は、担当する課程・教科についてカリキュラムの進め方を計画し、指導や訓練を行う。その際、職業や実生活に必要な知識・教養、技術・技能を中心に教えていく。専門学校は、仕事をしていく上で直接役に立つ教育を行っているところが多く、教科によっては、資格取得をめざすところもある。専門教科のほか、広報、教務といった教育以外の仕事を担当したり、就職の相談にのったり、クラス単位での学生・生徒指導や進路指導なども行う。


記事の続きを読む


教育・研修事務員 ...

2013年8月28日 10:21講師・教師系

どんな職業か

企業や団体の従業員、職員に仕事を行う上で必要な知識や技術・技能を身につけさせるため、講師や施設を手配し、 外部団体なども活用して、様々な研修を行う。 研修に関する事務全般を担当し、組織の中の個々人の育成に目を向けながら、経営者層の経営方針に沿った研修を行 う。どんな研修が必要かを調査して研修計画を立て、講師の依頼をしたり、場所の手配などの準備を始める。研修が近 くなると講師と講義内容を打ち合わせたり、必要な資料を作成する。研修の当日はテキストや名札を配ったり、パソコ ンやプロジェクターのセッティングをするなどの作業を行い、スムーズに研修が行われるよう講師や受講者を援助する。講師を兼任して直接受講者に研修を行う場合もある。 外部で研修を行う場合は、講師と共に研修先に出向き、受講者が快適に研修生活を送れるように研修先の施設と調整 を行い、食事や健康状態に気を配る。研修場所の点検や後片付けを行う場合もある。研修実施後はその結果を取りまと め、反省を行い、次回の研修に反映させる。


記事の続きを読む


大学・短期大学教員 ...

2013年8月23日 12:04講師・教師系

どんな職業か

大学・短期大学で、それぞれの専門分野について学生に教え、かつ基礎研究や先端研究を行う。高校卒業後、より高度で専門的な技術や知識を得る学問・教育の場として、大学と短期大学(短大)がある。大学は4年課程で文学・法学・経済学・商学、理学・工学・農学、国際、情報などの学部・学科がある。この他に6年課程の医学・歯学・獣医学の学部がある。短大は一般的に2年課程で、教育・家政・外国語など教養型、専門職業型の教育を行う。大学・短大教員は、地位によって学長(校長)、教授、准教授、講師、助教、助手に分かれている。「学問の府」の教員として、学術文化の水準を向上させ、継承していくことが求められる。教授・准教授・講師として、講義、演習、実習といった形で授業を行い、学生の卒業論文や卒業制作の教育にあたるとともに、その発表会なども指導する。短大では、研究よりも学生の教育に重点が置かれている。その他、学内では教授会、入試委員会、カリキュラム委員会、就職委員会などの仕事に携わる。学外では学識経験者として講演を行ったり、国や都道府県の各種の審議会で委員を務めたりすることもある。


記事の続きを読む


中学校教員 ...

2013年8月23日 11:20講師・教師系

どんな職業か

中学生に、国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術・家庭、外国語(主に英語)などの教科を専門的に教え、道徳、総合的な学習の時間、特別活動の指導に当たり、学級を担任する。各教科の授業は、年度のはじめに定めた年間指導計画に基づいて、教科書を主な教材として使用し、そのほかプリントや学習カード、スライドなどの補助教材を準備し、生徒の理解や進み具合にしたがって指導方法を工夫しながら教える。それ以外の時間は、教材研究や事務を行う。また、部活動、学校行事、PTA活動などもほかの教員と分担して受け持ち、学校の運営組織(校務分掌)である教務部、学習指導部、生徒指導部、進路指導部などに所属し、それに関する仕事も行う。中学生は青年前期にあたり、小学生に比べて個性が明確になってくる。独立心や反抗心も出てくることなどから、精神面での指導も重要となる。教師間で連携・協力しながら、いじめや不登校の問題に取り組むことも強く求められる。中学校では、一般の教員のほか、学校全体をみる校長、副校長(教頭)、主幹等と、教務主任、学習指導主任、学年主任、保健主事、生徒指導主事、進路指導主事などが各担当分野の取りまとめを行っている。また、教科を専門に担当する講師や、特別支援学級が設置されている中学校にはその担任も配置されている。


記事の続きを読む


日本語教師 ...

2013年8月19日 14:40講師・教師系

どんな職業か

大学や日本語学校などの日本語教育施設で外国人の学生に日本語を教える。日本語学校で学ぶ学生の主な目的は、日本の大学・大学院などへの進学である。日本語教師は、進学するために必要な日本語能力の指導と、国際交流、途上国の人材育成に寄与する重要な役割を担っている。日本語学校では、一般的に、進学コースと一般コースに分かれ、それぞれ初級・中級・上級別にクラスが編成されている。1クラス20人以下の少人数で、たいてい1年から2年かけて日本語を教える。上級クラスでは日本語で考えるコミュニケーション能力を養うことも指導上の大切なポイントである。日本語を「読む」「話す」「書く」「聞く」に分けて、それぞれに正しい日本語能力を身につけさせる。また、日本留学試験(平成14年6月から実施)に合格するレベルを目標にして指導する。日本語教師の仕事では、日本語の指導だけではなく進学指導や、日本という外国で暮らす上での生活指導なども求められる。


記事の続きを読む


学習塾教師 ...

2013年8月13日 10:00講師・教師系

どんな職業か

民間の教育機関である学習塾において、小学生・中学生・高校生を対象に、国語、算数(数学)、理科、社会、英語 といった科目の学習指導をする。生徒の個別指導を行うこともある。 学習塾の規模や形態は、大人数を一斉に教える大きな塾から、個別指導が中心の塾まで様々である。また、塾によっ て、学習の目的にも違いがある。学校の授業についていけない生徒に時間をかけて教える補習塾、有名進学校を目指し て厳しい受験指導をする進学塾など、目標や学習レベルがそれぞれ設定されている。それぞれの塾の指導方針と運営形 態にしたがって指導の内容や方法を決め、カリキュラムを練り、問題を作り、テストの採点をして個々の生徒の課題を 分析する。 また、保護者会や個別相談で、学習や進学に関する説明やアドバイスを行う。 いずれの塾でも、生徒ひとりひとりの能力に応じて対応し、保護者や生徒に満足感をもってもらわなければならない 。勉強を教えるプロとして、担当教科の内容をしっかり把握し、生徒が興味を持つように教え、成果を上げることが求 められる。


記事の続きを読む



IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

[カテゴリ別 人気ランキング]− 06月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る