2014年、注目される小型株(1) 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

2014年、注目される小型株(1) 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】【1/1】

2014年1月22日 14:52社会

2014年、注目される小型株(1) 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】

年初以降、やや高値波乱の展開となっている株式市場だが、米国経済の回復、日本のデフレ脱却期待などもあり、基本的に今年も堅調な展開を予想する。ただ昨年、大相場となっただけに指数がどこまで上昇するかは未知数。

個別物色は旺盛になると思われ、中でも小型株の中には出世株も相次ごう。今回は小型株の中から、その候補銘柄についてピックアップしてみた。


 

■エナリス

エナリス<6079>は、電力の流通プロセスにおける情報を管理することで、顧客に最適な電源選択を行うためのサービスを提供する「エネルギー流通情報事業」に携わっている。こうした節電マネジメントは、2011年の東日本大震災以降の電力ひっ迫、さらに電子力発電所の再稼働が遅れる中で注目を集めている。いわゆる「省エネ支援関連銘柄」といえよう。

同社は、大東建託<1878>と、アパート・マンションにおける太陽光発電の遠隔監視システムである「BEMS(ビルエネルギー管理システム)」を展開することで合意した。2014年9月末までに3500拠点に設備を設置する計画で、発電量監視や異常検知、収支管理機能を提供する。また、家庭向けに太陽光発電システムなどを販売するグリムス<3150>とも、包括提携を発表した。

エリナスは最近、2月9日に投開票が予定されている東京都知事選挙の動向もあり、市場関係者の人気を集めているのに加え、今後進む電力自由化の中でも恩恵を受けることが期待できる銘柄といえる。1月16日にはマザーズ銘柄ながら実に7000万株近くの商いを集め、売買代金でソフトバンクを抜くという人気ぶりを発揮。成長期待高く、小型株の中では、投資家の期待を集めている。

■エス・エム・エス

エス・エム・エス<2175>は、「カイゴジョブ」「ナース人材バンク」など、医療・介護・シニアビジネス向けのコミュニティサイトや求人サイトを運営する企業。

昨年末にも意欲的なサービスを次々に投入した。健康に関する不安や疑問を専門家に気軽に質問できるサイト「なるカラ」、介護従事者の想いを共有するWebマガジン「けあZine」など。また、従来から行っている看護学生向けの合同就職説明会も、初開催の秋田、群馬、鹿児島などを含め、2月から全国29カ所で開催することが決まった。

安倍政権が「成長産業」と位置付け、成長が期待される医療・介護分野の人材インフラを担う、要注目企業である。

株価は中段三角保ち合いとなり、現在は25日線近辺での小動き。業容の拡大が続くことから昨年10月の上場来高値2650円奪回から一段高が期待できそうだ。

■ポールHD、ハーツUG

ポールトゥウィン・ピットクルーホールHD<3657>は、ゲームのデバッグ(不具合検出)専門企業である「ポールトゥウィン」、チューニングを行う「猿楽庁」、ネット風評監視サービスの「ピットクルー」などの関連会社を持つ。

同社は米国や中国、韓国にも進出済みな上、昨年夏からは、京都、新宿、品川、名古屋などの拠点を新設・増床する意欲的な事業拡大を実施、12月には本社移転(港区)も完了した。

ハーツユナイテッドグループ<3676>も、ゲームソフトのデバッグ主力を主力事業とする。総合デバッグサービスの「デジタルハーツ」、映像制作の「デジタルハーツ・ビジュアル」、ゲームソフトウェア開発のアウトソーシングサービスを担当する「G&D」などが関連企業で、米国、タイ、韓国に進出している。

12月には、セキュリティソフト開発のウェブルートとパートナー契約を締結、同社製品の販売を始めた。デジタルハーツも「サイバーセキュリティサービス」の提供を行ってきたが、ウェブルートとの提携でサービスの拡充を図る。企業などでは、個人が所有するスマホなどを業務で活用する事例(BYOD)が増えているが、これによりさらに必要となっているセキュリティ対策をサポートするものでもある。

スマートフォン(スマホ)上でソーシャルゲームなどのアプリを実行するユーザーが増大する中、デバッグやWebサイトの表示検証などの需要が急拡大している。

ポールトゥウィン・ピットクルーホールHD、ハーツユナイテッドグループとも、モバイルに関連する総合デバッグサービスを提供することで、大きな成長が期待できる企業であり、今年の出世株候補であることは間違いない。

(小沼正則)

※投資の判断、売買は自己責任でお願いいたします。

■電子書籍好評発売中(AmazonよりKindle版
あのファーストリテイリング(ユニクロ)を真っ先に推奨したこ とで知られる"銘柄発掘のカリスマ"小沼正則の投資・ビジネ ス塾が電子書籍になりました。第一弾は、最新情報と投資へ のノウハウを読みやすくまとめ、初心者にもわかりやすくな っています。スマホやタブレットでいつでも手軽に読めます。 まもなく第二弾、第三弾が登場しますのでご期待ください。

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ビジネス塾に関連した記事を読む
政府が企業に賃上げを求める デフレ脱却に異例の策
国際展開加速で注目されるメガバンクの株価動向 注目銘柄を斬る
FRBが緩和縮小に踏み出す 今年の市場も活況が続くか

<引用元:ITライフハッククリエイティブ・コモンズ・ライセンス

  • 1

この記事に関連するその他の記事


ビジネスニュース 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[ビジネスニュース - 記事ランキング]− 08月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る