職場と人の悩みゴト:アーカイブ|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

職場と人の悩みゴト:アーカイブ

突然の開示請求。プロバイダ責任制限法とは? ...

2014年1月16日 17:58 || IT業界の裁判判例集

突然の開示請求。プロバイダ責任制限法とは?

IT企業のA社は、インターネット上で掲示板サービスを提供している。
A社は、ある日突然、B氏から「Xというハンドルネームで書き込みを行った人物についての情報を開示して欲しい」という内容の書面を送りつけられた。B氏によれば、XはA社の運営する掲示板にB氏の名誉を毀損するような内容の書き込みを行ったのだという。
A社は、顧客であるXの情報を、Xに無断でB氏に提供しても良いのだろうか?


記事の続きを読む


情報漏洩のリスクとは?企業の取るべき行動 ...

2014年1月16日 17:47 || IT業界の裁判判例集

itlawe108.jpg

今日、情報漏洩事件は後を絶たない。平成25年12月にも、一部の日本語入力ソフトが変換文字列を外部に無断送信していたことが発覚した。これにより機密情報が流出した可能性もあるという。
情報漏洩の恐ろしいところは、ハッキングなど他者の作為によっても起きうるものであり、現代においては、どの企業においても起こりうるという点である。
では、ひとたび情報漏洩が起きれば、企業はどのような責任を問われるのか。
本稿では、情報漏洩のリスクを今一度確認し、もし情報漏洩が起きた場合にはどのような行動をとれば良いのかを検討してみたい。


記事の続きを読む


契約しなくても損害賠償義務?契約締結上の過失の理論とシステム開発交渉 ...

2014年1月16日 16:46 || IT業界の裁判判例集

itlawe107.png

1 契約締結上の過失とは?

「契約締結上の過失」という言葉をご存知だろうか。
一般的に、人や会社が法的責任を負う場合には、①契約を締結した場合と、②法律に責任を負うと定められている場合の2パターンがあるが、契約締結に至っていない段階では①のパターンで責任を生じさせることは通常できない。


記事の続きを読む


改正労働契約法。IT業界への影響は? ...

2014年1月16日 16:29 || IT業界の裁判判例集

itlawe106.jpg

平成24年8月10日に「労働契約法の一部を改正する法律」が公布された。この改正は、有期労働契約(1年契約、6か月契約など期間の定めのある労働契約)について3つのルールを定め、これらのルールは平成25年4月1日から施行されるようになった。
有期労働契約は、パート労働、派遣労働を始め、いわゆる正社員以外の労働形態に多く見られる労働契約の形式で、有期労働契約で働く人は全国で約1200万人と推計されている 。この改正は、有期労働契約で働く人の約3割が通算5年を超えて有期労働契約を反復更新している実態があり、その下で生じる雇止めの不安の解消や不合理な労働条件の改善が課題となっていたことから、これらの問題に対処するために行われたものである。
では、具体的にどのような制度が整備されたのか。そして、それがIT業界にどのような影響をもたらすのか。


記事の続きを読む


IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

[職場と人の悩みゴト - 記事ランキング]− 08月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る