職場と人の悩みゴト|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

職場と人の悩みゴト 新着情報!

離婚までにかかる費用―婚費分担 ...

2014年1月16日 19:23家庭を守る法的知識

離婚までにかかる費用―婚費分担

1 家族の生活費=婚姻費用

家庭生活を幸せに送るための生活費。あなたの家庭では,夫婦間でどのように分担しているだろうか。内閣府が平成22年3月に実施した意識調査によると,家庭で生計維持のための収入を担うのは,主に夫であるという回答が82.1%に上っている(夫と妻の割合が同じという回答6.7%,夫より妻が多いという回答10.6%)。夫婦共働きの家庭が増えているとはいっても,夫が生活費を多く分担する家庭がまだまだ多いのが現状のようだ。


記事の続きを読む


子に対するいじめへの法的対処 ...

2014年1月16日 19:14家庭を守る法的知識

子に対するいじめへの法的対処

文部科学省の調査によれば、平成24年度に全国の小中高校などが把握したいじめの件数は、過去最悪の19万8千件余りに及んだ。 この調査に先立つ平成23年10月、大津市の男子中学生がいじめを苦に自殺した事件は、事件前後の学校や教育委員会などの隠蔽工作が発覚したこともあって大々的に報道され、皆さんの記憶にも新しいことだと思う。
この事件から得られる教訓は、学校側に「穏便に」相談したところで碌に効果はなく、却って事態の隠蔽に走られることさえあり得る、ということである。
子どもがいじめを受けている事実が発覚した場合、学校側の問題解決能力を信用するのは賢明ではなく、子どもの生命・身体や尊厳を守るためには、子ども自身やその親が率先して実効的な対策を講じなければならない。
そこで、今回は、いじめに対して法の力でどのように対抗できるかを検討してみたい。


記事の続きを読む


子どものアルバイトで注意すべき法的事項 ...

2014年1月16日 19:02家庭を守る法的知識

子どものアルバイトで注意すべき法的事項

今日、放課後や休日にアルバイトをしている高校生は多いが、自分の労働者としての地位が法律上どのように守られているかを意識していない場合がほとんどであり、法律に違反した労働形態であることを全く知らずに働いていることもある。
労働基準法上、18歳未満の「年少者」は、成年に達した労働者に較べると様々な保護(制約)を受けている。これを破ったとしても、アルバイト先の会社が罰金などのペナルティを受けるにとどまり、子ども自身が何か法律上の不利益を被るわけではないが、親としては、そのような違法な労働を強いる会社で子どもを働かせたくないと考えるであろう。
そこで、今回は、主に高校生の場合を念頭に置いて、子どもがアルバイトをするに当たって親が法律上注意しておくべき点を解説する。


記事の続きを読む


債務が返済できない!家族を守るために自己破産すべきか ...

2014年1月16日 18:53家庭を守る法的知識

債務が返済できない!家族を守るために自己破産すべきか

1 多重債務サラリーマンになったらどうするか

順調に会社に勤め、一定の給料を確保しているサラリーマンでも、マイホームの住宅ローン、子どもが成長するにつれて膨らむ教育費、高額の生命保険への加入、金融商品への投資の失敗などの様々な要因により、気づけば債務が嵩み、とうとう返済が不可能な事態に陥ってしまった...というケースは珍しくない。


記事の続きを読む


IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

[職場と人の悩みゴト - 記事ランキング]− 06月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る