コミュニケーションが生み出す高い技術と安定感。どこまでも"人"にこだわる − 株式会社キーポート・ソリューションズ【1/2】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

コミュニケーションが生み出す高い技術と安定感。どこまでも"人"にこだわる − 株式会社キーポート・ソリューションズ【1/2】

2013年6月27日 18:00企業インタビュー

キーポート・ソリューションズ 執行役員S氏

「銀行」「証券」など、常に高い信頼性とセキュリティを始めとする高度な技術力を要求される金融業界で、規模100名強の中小規模企業ながら、数多くの顧客企業と直取引を重ねる、ITホールディングスグループのSIer企業キーポート・ソリューションズ

編集部では同社への取材を行う中で、先進のSIerとしての顔と同時に、深く"人"へのこだわりと想いを感じ取った。

本レポートでは、そんな同社の事業、そして人材採用に対する姿勢と今後の採用への想いをお伝えしていく。
※写真:執行役員で事業部責任者S氏。経験豊富で頼れる人物。


 

面接で知りたいのはその人の"普通の姿"。会話を何よりも大切に。

時代や経済の変化に柔軟に対応できる環境と技術力。顧客の声を聞き"よりよいものへ"と、製品をブラッシュアップする応用力。それらは、競争の激しいSIerの世界では非常に重要なファクターである。

しかし、同社では、それよりも組織間での会話やふれあいなど「人同士のコミュニケーション」を重視する。
それはなにより、「コミュニケーション」を軸に成長してきた同社の根幹であるからなのだろう。
取材に応えてくれた、入社2年目、元は2次請けSIerでの就業経験を持つプロジェクト・リーダーのM氏は語る。

入社2年目でPLのM氏 充実した仕事環境を語る
入社2年目でPLのM氏

「今思うと、私の1次面接では面接らしいことは何も聞かれなかったですね(笑)。
今日の天気がどうだとか、ここまでどうやってきたのかだとか、ごく普通の話ばかりでした。でも、入社してみて感じることは、おかしな言い方ですが、そんな"普通の会話"が"誰とでも普通にできる"関係性の人ばかりなことに驚きました。

今ではそれが、"会話ができる"というだけではなくて、気負いなくフラットに話せる関係性を、一人ひとりから作っているんだな、と感じています。
あとは、キーポート独自の評価制度について細かく話をしてもらったことも印象に残っています。

とはいえ、もちろん面接ですから、2次面接では転職についての思いなども語る機会があり、最後までミスマッチを起こさないよう、いろいろな方面から確認をされたと思います」
ビジネスパーソンである以上、社内外のコミュニケーションの重要性は今さら説くまでもないことだが、同社ではそこから一歩踏み込み、「キーポート・ソリューションズ」としての組織力をアップするコミュニケーションを重視しているのだろう。

組織は、一人ひとりが作るもの。
それを深く知る同社だからこそ、個者個別の反応を大切に見ているのかもしれない。

この記事に関連するその他の記事


特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[特別編集企画 - 記事ランキング]− 09月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る