かつての自分は、もっとも人の上に立ってはいけない人間だった - ジャンプ株式会社 代表取締役 増渕知行氏【3/3】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

かつての自分は、もっとも人の上に立ってはいけない人間だった - ジャンプ株式会社 代表取締役 増渕知行氏【3/3】

2013年8月27日 18:00社長になる方法論

営業として、企業の組織変革支援を行う中で経営の疑似体験ができたことが今に活きている

新卒から使い続ける名刺入れ 新卒から使い続ける名刺入れ

編集部:とはいえ、メンバーを率いて結果を出さなければいけない中で、どう折り合いを?

増渕氏:「他人はコントロールできない。操作することができるのは自分だけ。だから自分の中の相手への期待をコントロールすることにした。そして、それができようになると相手が伸びてくるのを待つことができる。そして、待つことができるようになると、その人の持っている悩みや問題に素直に向き合うことができるようにもなった」

編集部:それから、メンバーとの向き合い方は変わった?

増渕氏:「大きく変わりましたね。自分の期待を押し付けるのではなく、相手の望みと合意形成をするようになった。褒めるべきポイントが変わった。自分の期待に応えてくれたら、ではなく、交わした約束を守ったらになった。結果だけではなく、プロセスをみられるようになったんです」

編集部:それは例えば、プロセスを果たしても結果が出なかった場合でも?

増渕氏:「プロセスを守ったのに結果が出なければ、それを設計した上司(自分)のせいだと思うようになったんです。気づけば、結果が伴わなければもっと努力しろと考え、伝えていたそれまでの自分とは、真逆になっていました。相手を変えるのではなく、相手が気づく手伝いをする。そのための言葉を選ぶ。環境を作る。そして待つ。そうして人との付き合い方が変わったことで、今度は顧客の姿が、また違って見えてきたんです」

編集部:それは、どのような変化なんでしょうか

増渕氏:「もともと企業の組織変革支援の仕事は、経営の疑似体験が出来る要素が多かった。そこから、次第に経営としてやるべきことや、やってはならないことはなにか、ということが見えるようになっていったんです」

編集部:なるほど。やってはならないこと......。

増渕氏:「たとえば、改革がうまくいかない会社は、トップが社員を批判する。なにかにつけ、事ではなく人をみる。解決を図りたいと言っているにもかかわらず、実はそういうことをしている人が多いということに気がついた。結局、自分基準でものを見ている限り、誰も動かず、他人への失望だけが大きくなっていく。でも、そうじゃない。やりたいことではなく、やるべきことをやる。言いたいことではなく、言うべきことを言う。"変えるのは相手ではなく自分(会社)の未来"それがビジネスにとって必要なことなんだ、と」

編集部:それから、すぐに起業を。

増渕氏:「いや、そこに気づいてから、さらに数年後でしたね。けれど、やはり最終的に起業に至った大きなモチベーションは、前職で培った自分の期待値への向き合い方だと思います。それは、今の仕事のすべてに活きている。人を変えられる力がもしあるのだとしたら、それは自分を変えること。そんな風に思います」

「人を惹きつけるひと」まさに、そんな言葉にふさわしい話しぶりで終始取材に応えてくれた増渕氏。
無意味に謙遜せず、しかし謙虚に。まさにご自身が語る「やるべきこと」を体現しているような受け答えだった。
また、自分には物欲がないと豪快に笑いながら見せてくれた、新卒から使い続けているという名刺入れは、まさに、そんな氏の人柄を現すアイテムといえるだろう。
どんなこと、どんな人に対しても常に真正面から、どこまでも誠実に向き合っていく。
それができること、そして、その姿勢そのものが、まさに彼の社長力であるのではないだろうか。

<取材・執筆・編集:キャリア@PRO人編集部>


特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[特別編集企画 - 記事ランキング]− 10月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る