女性らしい働き方を貫き、今と明日を作り続ける - 株式会社エヌアイスタッフ 執行役員 荻原みゆき氏【2/3】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

女性らしい働き方を貫き、今と明日を作り続ける - 株式会社エヌアイスタッフ 執行役員 荻原みゆき氏【2/3】

2013年9月 6日 15:00社長になる方法論

造園を学んだはいいものの、当時は女性進出にはハードルが高い業界だったため、挫折......

造園は今でも大好きという 造園は今でも大好きという

編集部:なぜ、そのまま造園をやらずに...?

荻原氏:「当時の造園業会は男社会でしたから。今でこそ女性も活躍していますけど、当時は女性が参入するのは難しくて、就職の時にも"無理だ(というか邪魔だ)"って言われて。さて、どうしよう。と(笑)」

編集部:その後、N&Iシステムズに?

荻原氏:「はい。ご縁があって。やっぱり短いとはいえ人事の経験がありましたので、その畑でもう一度やってみようかなと」

編集部:一度離れた仕事を別の会社で......。ということですね。やはりN&Iシステム代表の青木様との相性が良かった?

荻原氏:「いえ。感じの悪い人だなーって(笑)」

編集部:......さて、どう記事にしましょうか(笑)。

荻原氏:「そのままどうぞ?(笑)」

編集部:けれど、そんな忌憚のないお人柄が人と人をつないでいるようにお見受けします。

荻原氏:「私は、人との信頼関係は、ブラックジョークが通じるくらいの人間関係が必要だって思っているんです。
(そういうことを言う)自分を理解してもらうこと。(そのくらいは言っても大丈夫と)相手を理解すること。そういう信頼感をお互いに持たないとダメだって」

編集部:それは、人を使うという立場になって身についたことですか?

荻原氏:「そうですね。私たちの仕事は、多くの社員とお付き合いしていきますが、社員は基本的に社外の現場に出ています。
だから、距離を測るのが難しいんですが、それでも信頼関係を築かないと続いて行かないんです。だから、わがままを言ってもらえるくらいの関係になること。それが私の距離の測り方かも知れません」

編集部:そうして人との関係を築いて今のポジションがあるわけですね。

荻原氏:「うーん。私にとって、"役職"がつくこと自体、とても抵抗がありました。
役職というフィルターでお付き合いしても、本当の関係性ではないと思っていたから」

編集部:それは今でも変わらない?

荻原氏:「ベースの部分は、もちろん変わっていません。でもお仕事をする以上、役職が有益な時もある。
例えば、発言にちょっと重みがでるとか、説得力があるとか。。。私にとって、役職はそういう、ただの"役割"に過ぎません」

この記事に関連するその他の記事


特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[特別編集企画 - 記事ランキング]− 10月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る