25万ユーザーを誇るソーシャルアプリ「聖剣伝ラグナクロス」は、たったひとりの社員の「やってみたい」から生まれた。 -株式会社WHRP-【1/2】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

25万ユーザーを誇るソーシャルアプリ「聖剣伝ラグナクロス」は、たったひとりの社員の「やってみたい」から生まれた。 -株式会社WHRP-【1/2】

2013年12月 3日 20:12企業インタビュー

株式会社WHRP

成長の鈍化が叫ばれつつも、2013年度も二桁成長を予測されているソーシャルゲーム市場。厳しい競争が続く中で25万ユーザーを獲得している「聖剣伝ラグナクロス」は、まずまずのスマッシュヒットを成し遂げたといえよう。
ところがこの「聖剣伝ラグナクロス」、実はソーシャルゲーム開発の実績やノウハウが全くないところから立ち上げられたプロジェクトだというから驚きだ。いわばゲーム開発未経験の集団が、なぜここまでのヒット作を生み出すことができたのか。開発当時の秘話を、開発元である株式会社WHRP(ワープ)取締役・角田晃一氏に伺ってみた。


 

ゼロからの挑戦でも、面白いことはどんどん始める。それがWHRPのイズム。

株式会社WHRP 取締役 角田晃一

編集部:聖剣伝ラグナクロスの開発チームの中に、ゲーム開発の経験者がひとりしかいなかったというのは本当ですか?

角田氏:ええ本当です。そもそもソーシャルアプリ事業を立ち上げるまで、WHRPはインターネット広告事業とアパレル事業の2本を柱としていました。そこへゲーム業界から転職してきたのが、現在ディレクターを勤めている人間です。彼の「ゲームが作りたい」の一言によって、ソーシャルアプリ事業が生まれました。
当社にはもともと、面白いことはどんどんやろうという風土がありまして。一時は既存事業と全然関係のない飲食業を始めようかという話が進んでいたくらいですから、新しいことを始めるのに何の抵抗もない会社なんです。
だからソーシャルゲームを作りたいという発案にも、面白そうだからやってみようという話にすぐになりました。当時は現在のソーシャルゲーム市場拡大期の入り口にあたる頃で、収益モデルとしても魅力がありましたし、少人数で始められることでリスクも抑えやすく、経営層としてもGOを出しやすかったというのはありましたね。

編集部:WHRPとしても、初めてのソーシャルゲーム開発だったわけですね。

角田氏:ええ。最初は4人でチームを編成したのですが、そのうちディレクター以外の3名はゲームの開発経験はありませんでした。なので、その彼にプロジェクトリーダーを担ってもらい、他のメンバーを教育しながら進めていったんです。

Previous

  • 株式会社WHRP
    WHRPのソーシャルゲーム処女作
    聖剣伝ラグナクロス
    株式会社WHRP
    第2弾としてリリースされた
    聖王伝バトルグレイル
    株式会社WHRP
    広々として開放感抜群の
    開発ルーム
    株式会社WHRP
    ひとり一人が自由に意見を言いあえる
    オープンな雰囲気
  • 株式会社WHRP
    集中して開発に取り組む
    エンジニア
    株式会社WHRP
    イラスト作成に没頭する
    グラフィックデザイナー
    株式会社WHRP
    女性のクリエイターも数多く在籍
    株式会社WHRP
    ゲームが好きなことも
    重要な素養に

Next


特別編集企画 新着情報!一覧を見る

IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[特別編集企画 - 記事ランキング]− 04月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ
IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

ページトップへ戻る