「すき家」赤字必死!国内牛丼チェーン業績発表【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

「すき家」赤字必死!国内牛丼チェーン業績発表【1/1】

2014年8月11日 10:49マーケティング

「すき家」赤字必死!国内牛丼チェーン業績発表

増税の影響により価格の変動に注目が集まる、国内牛丼チェーン店の大手3社(吉野家HD/ゼンショーHD/松屋フーズ)。
その2014年4月-6月の第一4半期の業績が明らかとなった。 増税に合わせ、値上げを行った吉野家HDと松屋フーズは黒字、逆に値下げをしたゼンショーHDは23億円の赤字となった。
今回は、牛丼大手チェーンの動きに関してまとめてみよう。


 

まずは各社の売り上げに関して見てみよう。
ゼンショーHD > 1201億4500万円(前年比110.0%)
松屋フーズ > 194億9600万円(前年比102.0%)
吉野家HD > 443億2500万円(前年比104.0%)
赤字転落必至か 牛丼店「すき家」のゼンショーHDが業績下方修正

すき家を展開するゼンショーHD のビジネス展開に問題が...。
すき家ブラックというイメージはこのビジネス展開からついていった。
すき家、最大940店舗で深夜営業休止 ワンオペ解消へ外国人採用拡充も

他社のビジネスについても見ていこう。
直火コンロの定食や「プレミアム牛めし」
松屋はなぜ"プレミアム牛丼"で勝負するのか
夏なのに熱々の新メニュー!? こだわりを吉野家に聞く
「少し高くても良いものを食べたい」という、現代のニーズにあわせた商品展開が増益に繋がったようだ。

  • 1

この記事に関連するその他の記事


IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[輝ける仕事人 - 記事ランキング]− 01月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る