イオンが農地バンク活用でコメ生産に参入【1/1】|スキルと市場価値UPに役立つ情報ポータルサイト「キャリア@PRO人(プロジン)」  

イオンが農地バンク活用でコメ生産に参入【1/1】

2014年10月 7日 09:48

イオンが農地バンク活用でコメ生産に参入

まとめて借り上げた農地を意欲のある生産者に貸し出す「農地バンク」を活用し、イオンがコメの生産に参入するとのこと。小売り大手が農地バンクを利用し、コメ生産に参入するのはこれがはじめてだという。
【参考】【日本経済新聞】イオン、農地バンク活用 コメ大規模生産へ

農地バンクとは何か、イオンの取り組みに対する世の中の声をまとめました。


 

農地バンクとは?

離農者の農地や耕作放棄地などの利用権を取得し、農地の整備を行った上で、大規模農家や企業に貸し出す仲介機関としての役割を担う。

<引用元>
【コトバンク】農地バンク

農地バンクに関するページはこちらから。
【農林水産省】農地中間管理機構(農地集積バンク)について

しかし埼玉のように、巨大な市場を背景に近郊農業が成り立っているところばかりではありません。これからの日本は少子化がいっそう進展し、人口減少社会を迎えます。その中で農業がどう生き残っていくのかを考えなければなりません。これまでのように農家が農業協同組合組織であるJAに頼り、自ら価格を決められないようでは成り立たない。JAもこれまでの体制のままでは、国際競争についていけません。

<引用元>
【ビジネスジャーナル】農地、有効利用は半分以下?解消策「農地バンク」と、新規就農&輸出増に必要な施策とは

狭い農地が有効に使われていないという現実があり、このミスマッチを解消するために「農地バンク」の創設が必要になるわけです。

<引用元>
【ビジネスジャーナル】農地、有効利用は半分以下?解消策「農地バンク」と、新規就農&輸出増に必要な施策とは

  • 1

この記事に関連するその他の記事


IT業界を目指す人の転職・求人サイト 転職 求人@PRO人(プロジン)

今すぐ会員登録
未経験からハイエンドまで、幅広くキャリアアップを支援!

キャリア@メールマガジン登録

[輝ける仕事人 - 記事ランキング]− 04月度

  • まだランキングはありません
ITスクール システムアーキテクチュアナレッジ

ページトップへ戻る